ブロンズターナー デメリット

ブロンズターナーのデメリットは?

 

ブロンズターナー」は紫外線がなくても、塗るだけで肌にダメージを与えずにブロンズ肌になれる画期的な商品です。

 

一度塗れば、1週間は小麦肌を体感できます。

 

そんな「ブロンズターナー」ですがデメリットはあるのでしょうか?

 

肌に塗るものなので、悪い点が気になりますよね?

 

そこで、今回は「ブロンズターナー」のデメリットについて調査しました。

 

ブロンズターナーのデメリットについて調査した結果・・・

 

 

「ブロンズターナー」のデメリットについて、公式サイトや口コミを調査しました。

 

調査の結果、以下のデメリットが見つかりました。

 

・使うと最低でも2・3日は落とせない。

 

・汗をかくと、服に色が移る場合がある。

 

・すでに焼けている人は塗ってもあまりわからない。

 

といった、デメリットがありました。

 

最低でも2・3日は完全に色を落とせませんが、よっぽど落とさなければならない事にはならないと思います。

 

汗をかいて服に色が移るのには注意が必要ですね。

 

色黒には白い服が生えますが、色が移ってしまうかもしれませんので、避けたほうがよさそうです。

 

すでに肌が黒い人は塗っても今以上に黒くはならないかもしれませんので、黒さの維持程度にしかならないでしょう。

 

口コミを調べたところ、デメリットよりもメリットの方が明らかに多かったです。

 

一番のメリットは、肌に負担が無い事でした。

 

肌を紫外線で焼くと、シワの原因になったり、シミが出来てしまうので、できれば避けたいですよね?

 

「ブロンズターナー」は肌に負担なく、肌を黒くできるので、日焼け後のケアなども必要がありません。

 

肌に負担をかけずに、色黒にしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

 

>>>ブロンズターナーの公式サイトで詳細を確認する

 

ブロンズターナーの口コミ

 

 

無色透明で、ほぼ匂い無しです。

 

サラッとしているので、スキンローション感覚で使えます!

 

キレイに健康肌にできて、コスパも断然いいです。


 

 

購入して早速使ってみたところ、色ムラ無く綺麗な小麦肌に出来ました。

 

セルフタンニングはモノによっては色ムラがあると事前に調査済みでしたが、さすが1番売れてるだけあってしっかり色付いて安心しました。

 

今年の夏は紫外線ダメージを気にせず黒肌楽しみます!


 

 

色白がコンプレックスで、きれいに焼けないのが悩みでした。

 

ブロンズターナーはスーッと伸ばしやすいので、簡単に色が黒くなりました。

 

気のせいかもしれませんが、周りの対応が良くなった気がします。


 

「ブロンズターナー」は塗るだけで、肌を小麦色にすることができるクリームです。

 

肌への負担をかけずに、健康的な肌色へと変化させてくれます。

 

公式サイトでは、お得なセット購入での販売があります。

 

>>>ブロンズターナーの公式サイトで詳細を確認する